日々の出来事を、気まぐれ且つひそやかに綴っていこうと思う。

Body Movin'

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

Body Monin' blogによると9カ月ぶりの奥香肌、7か月ぶりの外岩

まーくん、山Pと大宇陀で待ち合わせし、先導という大役を果せ使うことになった。
勇気ある決断、絶妙なペース配分でメインエリアに導くことができた。
が、そこにいるはずのみやさんとワタルくんがいない!!

支流にいる可能性が非常に高いということで、支流を目指すことになった。

しかし支流の場所など全く記憶にもなく、検討もつかない。
ただ動揺を見せるわけにはいかないので、たぶんコッチですよと適当に車を走らせる。
道中、あ~絶対にこんな道ではなかったと思いながらも、引き返すこともできないので車を走らせること数分、どのタイミングで「やっぱりわかりません。」を言おうかと考え始めた矢先、奇跡的にミヤさんの車を発見!!
もちろん目指していた支流ではなく、見たこともないエリアで。

無事合流し、課題を教えてもらい触ってみる。まったく登れなかったけど、あ~生岩。

R0011688.jpg


しばらく過ごしメインエリアへ移動

目指すはインブ裏、まーくん、山Pとセッションもご両人はサクサク落とし、そして私だけが一人残った
のだった。
その後もトライを重ねるが惨敗、いや惜敗と言っておこう、次は登れる気がする。
と言い続けてはや一年。
R0011691.jpg
川に流されたビールの救出に体力を使い果たしたミヤさんとワタルくん


何一つ落とすことはできなかったが、やっぱり生岩良いですね。







スポンサーサイト
  1. 2009年05月24日 09:48 |
  2. 奥香肌峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一手

183と奥香肌峡へ

satomixさん御一行も来られていた。
ご挨拶もそこそこにインブ裏へ

右手でリップを押さえるところまでは難なくいくが・・・
左手を出すと足が切れる
の繰り返し

そうこうしてるとsatomixさんも参戦してくれた。
一安心
如何せん一手目が激カチなもんで、一人でのローテーション?では、私の軟弱な指では、負担が半端ではないのです。

トライ中、見覚えのある人物が!ワタル氏だ
3日連続の奥香肌だとか、すげーモチだよ!あ・あなた。

ワタル氏にお手本を披露していただくが、一向に高度は上がらず、断念。

その後は不気味大福セッションに混ぜていただいたり、183と九〇度をあーでもないこーでもないと言ってみたり。

充実した。183スポット1日中ポットありがとうございマスター!
DSC02385.jpg
私の不甲斐なさに涙する183

DSC02386.jpg
カメラを撮る私を撮るワタル氏




  1. 2008年08月10日 20:50 |
  2. 奥香肌峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こんぐらちゅれーしょん

冷氏とおくか肌支流へ

プリンプリンママにチャレンジするが早々に諦め、183,383が待つ本流へ、そそくさと移動。

到着するや、183からパチンコマンを落としたとのうれしい報告が入る。
おめでとうございます!見たかったな~!

先週は手も足もでなかったインブ裏へ

183一抜け、飛ぶ鳥を落とす勢いとは183の為にある言葉かと。
続いて冷氏も完登し、一人持ち越し。
次回は登ってみせます。ただし一手目があればの話ですが・・・

そうなんです。一手目のホールドがぐらついております。
挑戦中の方はお早めに、そしてスポットは厚めに!
  1. 2008年08月03日 22:10 |
  2. 奥香肌峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

冷氏と奥香肌支流へ

外岩は1月以上ぶりという氏は、異常な興奮ぶり。
が!現場に着き課題にトライするや苦悶の表情。
気持ちとは裏腹に、久しぶり過ぎて、指先が3歳児の肌の如くデリケートに退化したとかなんとか。

それは困ったと、支流下流を開拓すると、先着している宮3、ワタル氏を探す為、下った。

無事合流できた。素敵なプロジェクトも発見できたらしい。

あまりにも暑かったもので、メインエリアに移動しswimmingをすることにした。
dive.jpg

いつもピースなキノ夫妻もいらっしゃった。

泳いだり、昼寝したりしているうちに183が遅れて登場!
なんと、キャンキャンに冷えたビールとゆで卵を差し入れして下さった。

暫し談笑し、やっとこさ岩のぼり開始。

183はパチンコマン、私は奥香肌ランジにトライ。
昼寝から目覚めたワタル氏は、奥香肌ランジ横のカンテをさらっと一撃。
わたくしもやっと奥香肌ランジ登れました。よかったよかった。

明るいうちにお風呂に入りたいという願望を持つ、冷氏、私は17時過ぎに撤収。
183はマシンガントライ。限りなく完登は近い模様。
私達が去った後にRPされている可能性は極めて高い。
pat.jpg


  1. 2008年07月27日 22:09 |
  2. 奥香肌峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

贅沢

奥香肌支流へ

183、みやさんと
8時半にいつもの場所に集合したんで、現地に9時過ぎには到着。

みやさんが例の肝っ玉プロジェクトをTO
DSC02342.jpg

登ったみやさんの体感では1級くらいだとか、クライミング辞めたくなりますね。

余談ですが私、前回敗れ去った無題3級登れました。

目的もある程度果たし、満足したんで、本流へ向かう。
しんくん、よっちゃん、フジ氏、483と合流
DSC02343.jpg

他にもクライマーの方がたくさんいた。こんな香肌みたことない!大盛況!

中流エリアで、川の中に昼寝にもってこいの岩を発見!
川のせせらぎを聞きながら暫し休息。

目覚めた直後、483がパチンコマン、183が不気味大福をTO。
良い流れをいただけと、奥香肌ランジにトライ。が今日も敗退。

ムーブはなんとかなる。要はメンタルですね。登りたいという気持ちですなと。
483はパチンコマンで後ろの岩に激突し、ケガをしながらもトライを重ね、結果TO。
見習わなけらばと、そんなことを思った日曜日でした。
  1. 2008年07月06日 21:09 |
  2. 奥香肌峡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。